萎縮性胃炎とは? 胃癌 胃カメラ 経鼻内視鏡 ピロリ菌 慢性胃炎 腸上皮化生粘膜 栃木県 江田クリニック

栃木県 胃カメラ 萎縮性胃炎 慢性胃炎 胃の粘膜 内視鏡 腸上皮化生 胃癌

萎縮性胃炎 慢性胃炎とは? 

 萎縮性胃炎 慢性胃炎とは?このコラムをPDFで見る

 内視鏡検査やバリウム検査にて「慢性胃炎」や「萎縮性胃炎」と言われた方は多いと思います。しかし、これが一体どういう状態なのか、なかなか患者さん向けに書かれたものがありませんので、わかりやすくご説明させていただきたいと思います。

 「慢性胃炎」とは、胃の粘膜に白血球が集まって、常にじわじわとした慢性的な炎症を起こしている状態を言います。炎症が長い間続き胃粘膜の障害が進むと、胃酸を出す胃腺というものがひどく縮小して、胃の粘膜がうすくぺらぺらになってしまいます。すなわち、慢性胃炎が長く続いた結果として、胃の粘膜が萎縮した状態を「萎縮性胃炎」というわけです。

 内視鏡で観察すると、正常な胃はきれいなピンク色をしています。しかし、慢性胃炎が長く続き、萎縮性胃炎になってくると、胃は色あせ(退色)、粘膜の下にある血管が透けて見えるようになって来ます。

 最近までの研究で、この原因のほとんどがヘリコバクター・ピロリ菌という細菌によって引き起こされていることが分かって来ました。

 五十歳以上の日本人は、大多数がこのピロリ菌に感染していますが、感染時期は、5歳未満の幼少期と言われています。幼少期にピロリ菌に感染した胃は、常にじわじわとした炎症があるために、次第に傷んでゆき、30歳位から萎縮性胃炎に進行します。このせいで、生まれたときはきれいなピンク色だった胃も、次第に粘膜が薄くなって、色あせてしまうという訳です。さらに、萎縮が進行した胃には、30歳後半から、大腸や小腸の粘膜に似た「腸の粘膜」がデコボコと生えて来ます。これを「腸上皮化生」と呼びます。この腸上皮化生粘膜を背景に、胃癌が発生すると言われています。「慢性胃炎→萎縮性胃炎→腸上皮化生→胃癌」という道すじの中で、慢性胃炎は「前癌病変」(癌になりやすい状態)として据えられており、萎縮の進行度に応じて胃癌発生が高くなることが統計上わかっています。私自身も腸上皮化生の段階の粘膜にさまざまな遺伝子情報が存在することをDNAチップを用いて見いだし、米国消化器病学会で発表して参りました。

 したがって、慢性胃炎腸上皮化生がひどくなった方は胃癌が出てくる可能性が高いため、早期の胃癌を診断する目を持った消化器専門医師による、年一回の胃カメラを欠かすべきではありません。胃癌が出来ても、早期に見つかればお腹を切らなくても胃カメラで完全に治療が出来るため、なるべく早く発見して完治することが大切なのです。肉親が胃癌で亡くなった方など、ご心配の方は、外来でご相談ください。予防・早期発見に努め、この愛すべき故郷から、進行胃癌で苦しまれる方を1人でも減らしていきましょう。

1.故郷から潰瘍を減らすために pdfpdf

3.胸やけに悩まれる方へ pdfpdf

4.便潜血について・父の治療経験から(我がふるさとよ、汝は永く最上であれ) pdfpdf

5.過敏性腸症候群について pdfpdf

6.胆石を防ぐ十か条(ボストン学会旅行記) pdfpdf

Daniel K.Podolsky教授pdf(上記コラムに登場するハーバード大教授)

7.郷土の誇り高き高齢者の皆様に pdfpdf

(健康な時間持ちになるには)

8.大切な命を奪われないために  pdfpdf(「食中毒ゼロ地域」を目指しましょう〜O−157集団食中毒の治療経験から)

9.肝臓の病気について pdfpdf

10.仁に里るを美とす

11.あなたの身を守る 大腸癌にならないポイント pdf


 

このページのTOPへ


新着情報

2013月6月25日

医者が患者に教えない病気の真実

発売後1ヶ月で累計7万部のベストセラー 院長の本が幻冬舎から発売されました。

江田証の2冊目の書籍が学研パブリッシングより発売されます。

ご予約はこちら→ なぜ、胃が健康だと人生はうまくいくのか

 

2013年4月22日

週刊現代「これが遺伝する病気です」で院長が取材を受け掲載されました。

週刊現代の「これが遺伝する病気です」で院長が取材を受け掲載されました。

2013年4月1日

日経ビジネス誌に院長のコラムが掲載されました。

「親の病は子へのメッセージ」

2013年1月7日

TBSテレビ「ひるおび!」で紹介されました。


2013年1月6日

日経新聞全国版に掲載されました。

2012年8月25日 土曜日

10:45〜11:45

フジテレビの全国放送【名医が解決!人間ドックTV】に出演しました。江田クリニック 江田証

フジテレビの全国放送【名医が解決!人間ドックTV】に出演しました。


2011年11月20日 日曜日
13:00〜14:00
フジテレビ「名医と巡る!体がヨクナール学園4 秋の四国旅in高知」に院長出演しました。

2011年9月10日 土曜日10:30〜11:25
内視鏡検査のスペシャリスト 江田証

日本テレビに出演しました。


2011年7月31日 日曜日
13:00〜14:00

フジテレビ「名医と巡る!夏の金沢・食べ尽くし旅」に院長が出演しました。


2011年2月26日 土曜日10:40〜11:40
フジテレビ 胃腸診療 名医 江田証
フジテレビ「名医と巡る!冬の山陰・食べ尽くし旅」に院長が出演しました。

2010年8月21日 土曜日10:40〜11:40
体が医学博士 ヨクナール3 名医 江田証
フジテレビ「名医と巡る!夏の東北・食べ尽くし旅」に院長が出演しました。
2010年11月7日
江田証 健康講演

栃木市皆川地区にて院長江田証の健康講演会を行いました。

2010年10月25日
日経ビジネス「熱血Dr.の診療日誌 禁煙外来 禁煙で寿命を取り戻す」に江田クリニックのホームページが紹介されました。

2010年10月1日
インフルエンザ予防接種

2010年8月2日発売
暮らしと健康 09月号
 江田クリニック院長が、名門医療全国誌「暮らしと健康」で健康について解説します。
B003VP0P88
暮しと健康 2010年 09月号 [雑誌]

2009年3月14日 10時30分〜11時25分
日本テレビ 全国放送
名医に学ぶ!激うま健康レストランに院長が出演しました。名医に学ぶ!激うま健康レストランに出演しました。

2010年7月16日
旅行専門誌に院長コラムが掲載されました。

2009年9月27日日曜日
14時〜15時25分
テレビ朝日「カラダが喜ぶ!究極ごはん!」にスタジオゲスト出演しました。

テレビ朝日 カラダ喜ぶ!究極ごはん!
再生するこちらをクリックすると新しいウインドウが開いて動画が再生します。(13分44秒)

2010年5月3日
江田クリニック 院長 江田 証がラジオ日本の対談番組にゲスト出演しました。
江田証 ラジオ出演

再生するこちらをクリックすると新しいウインドウが開いて再生します。(15分41秒)

「こんにちは!鶴蒔靖夫です」は、ラジオ日本(AM 1422 kHzで放送中!放送日は、5月3日(月)午前1130分〜50分です。 


医学専門誌「Medical Tribune」にて抗生物質の使い方を解説しました


江田クリニック 医学誌 メディア掲載

2009年10月28日
今年新設された認定医制度 第1回日本ヘリコバクター学会「H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医」に認定されました。
日本ヘリコバクター学会「H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医 江田証

H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医 施設一覧
 
33万人の読者を持つ
日経ビジネス誌に
院長の医療コラム
「熱血Dr.の診療日誌」

連載中!日経ビジネス連載中

2008年12月3日
TBSテレビ「ピンポン」にて「そけいヘルニア」 について解説しました。

2008年11月9日放送
テレビ朝日
面と向かって聞けない噂のクエスチョン 江田クリニック テレビ出演
医療スペシャル
面と向かって聞けない噂のクエスチョン「お医者さん編」テレビ朝日「大胆マップ」にスタジオ・ゲスト出演しました。】
テレビ朝日「大胆マップ」にスタジオ・ゲスト出演しました。

詳細はこちら

2008.10.10
 院長がTBSテレビ「ピンポン」で登場しました。
10月10日 TBS ピンポン

2008.9.22
 院長がTBSテレビ「ピンポン」で登場しました。
TBS ピンポン
いきいき健康法
2008年秋号に院長コラムが掲載されました。

大腸癌にならないポイント 院長 コラム

2008.9.10
テレビ朝日「クイズ雑学王」2時間スペシャルに院長が出演しました。クイズ 雑学王 江田クリニック 江田証 テレビ朝日 出演決定 9月10日 爆笑問題 クイズ雑学王

2008.7.18
 下野新聞 読者登壇に掲載されました。

2008.6.11
 読売新聞に掲載されました。

2008.5.29
 下野新聞に掲載されました。

「いきいき誌 60歳からの健康法」に掲載されました。


いきいき健康法2008年春号に院長コラムが掲載されました。
いきいき健康法 ピロリ菌 胃潰瘍コラム
 栃木県の肝炎インターフェロン治療専門医療機関に認定されました。当院ではインターフェロン治療費の一部が助成されます。 
2008年12月18日
クリスマス・ジャズ・コンサート開催しました。

Add to Google

↑ブログをigoogleに追加する

無料メルマガ登録

院長コラム

禁煙外来

心エコー

顆粒球除去療法

C型肝炎インターフェロン

インフルエンザ予防接種

人間ドック

クリスマス会

当院アクセス

リッツカールトン研修